FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口大学受験の細かいところ

ご無沙汰しています。つまらない私のブログに毎日20人ほどの人が訪れてくださっています。嬉しい限りです。

さて、「山口大学の受験をもう少し詳しく!」という質問を多くの方から頂きますので記事にしたいと思います(返信できずスミマセン)。やはり受験者が多いだけあって皆さん関心が高いのですかね。

受験日時等は掲載がありますので省略するとして、時期的には後半校ですね。というか最後くらいの時期です。まず受験会場である山口大学医学部の最寄駅は宇部新川駅になります。

宇部新川駅


グーグルマップから引用です。こうしてみると宇部新川駅から山口大学医学部までは近いように見えますが20分ほど歩きます。宇部新川駅に至る電車内はほとんど受験生です。どこかで見たことのあるようなテキスト、単語帳をお持ちの皆さん。周りが全員頭よさそうに見えて緊張します。

電車を降りていざホテルへ。私はANAホテルに泊まりました。

そしていよいよ山口大学に入ります。→山口大学キャンパスマップ(先のグーグルマップと上下が逆さまです。キャンパス図上に宇部新川駅があります。)

この図の11番の建物入口に受験番号と受験番号別会場が指示されています。前日に見ておくとよいと思います。ちなみに私は図7番の講義棟2階で受験しました。会場自体はきれいです。ただ、トイレは公衆トイレ並みなので女性の方は嫌かもしれません。

受験者層は20代前半から30代前半が大半だと思います。30代後半~はチラホラ。いかにも真面目そうな受験生からそり込みの入った厳ついお兄さん、金髪サングラスのお兄さん・・・本当に様々な方がいらっしゃいます。

一般的な大学の講義室で長机の端と端に受験生が座ります。比較的距離が空くので問題、解答用紙を広げて広く使いたい私のような人間には嬉しいです。横は離れているのですが前後はほぼ密着してます。前の受験生の旋毛を凝視できる近さです。ですからあまり横に解答用紙を広げると後ろから丸見えになります(試験環境悪いよ・・・)受験者数約500人かつ受験会場は5つですから密度的には仕方ないと思います・・・

午前にマーク試験があり、終了後は午後の試験まで1時間ほど時間があります。ご飯を食べる人勉強する人寝る人様々です。私はカロリーメイトを齧りながら英単語をパラパラ。周囲はマーク試験の手ごたえを語っている人が多かったです。あとは何事もなく試験終了です。

手ごたえはあったようななかったような。試験終了後、試験官に回収される答案を目を凝らして見た感じだと結構白紙が多かったです。山口の英語で白紙っていうのは通過厳しいかもしれませんね・・・(当然のことながら当日は全く何も感じていませんw)

何かほしい情報があればメールフォームからご連絡ください^^



スポンサーサイト

山口大学医学部編入はじめに

山口大学医学部編入を選択した理由を書いていきます。

・英語出来ない人にやさしい
山口大学医学部編入学試験は選抜基準が独特で、まず自然科学のマークシート問題の得点で上位100番までを選抜し、その上位100番までのみの英語を採点します。つまり、いくら英語ができても自然科学で上位100番以内に入らなければ採点すらしてもらえずに敗退するわけです。逆に言えば、この上位100番までに普段入るであろう英語の達人たちがいないわけです^^
最後は英語の採点結果を勘案して上位48番までを選抜します。上位100番以内に入れば、そこからは約2倍の倍率です。通過しそうですよねw

・自然科学が簡単。
過去問を見る限り生物は高校生物から大学生命科学(特に薬学で学ぶ範囲が中心)、数学、物理、化学は1,2問、医療系には嬉しい公衆衛生の問題2、3問。しかもマークシート。間違いなく医療系学部出身には有利と考えられた。(これは本番で裏切られるが・・)

・趣旨。
山口大学医学部編入学試験の選抜基準として、「学力試験に捉われず~」と募集要項に明確に記載されている。試験内容からしても面接重視は明らか。さらに、いろいろな体験談を拝見すると、筆記成績はチャラで面接のみで採点すると試験官が言ったこともある、とされていることから学力試験に自信のない自分にとっては魅力的だった。

・志願倍率の罠
山口大学医学部編入学試験の志願者数は約500人、志願倍率で50倍に達する。受かりそうにないと思われがちだが、大学に魅力があるから集まるわけでも、山口県が魅力的だから受験生が集まるわけでもない(と思う)。おそらくマークシートだから簡単だろうという発想が受験に駆り立てるのだろう。これは否定しない。全く分からなくても20%で正解できるわけだから。しかし、それがゆえに実力の拮抗する実質的な志願倍率は相当低い。倍率が高いから諦めるという優秀な受験生が多いのだ。

以上の理由から学士編入の体験としてはちょうどいいだろうと考え受験した。実際の試験会場では、態度の悪い人も多く、所謂一発狙いの人が多いように感じた。

結果:筆記は通過した。面接は辞退するので面接の体験談を載せられないのが残念です。

※大学や受験生を馬鹿にしているわけではありません。あくまで主観的な感想を述べていますのでご理解ください。

山口大学一次試験-小論文-

山口大学医学部編入一次試験の午後:小論文について紹介します。
募集要項には「小論文」と記載されていますが90%は英語です。
2013年の試験内容は以下。(受験生には過去問になるのかな?)

大問1:動物実験に関する論文2009年A4で2枚程度の英文
問1 文中の英単語を差し、「この具体的に指す内容は?」を100字以内
問2 文末のvice versaの具体例を示しながら和訳
問3 動物実験に関してどう考えるか800字以内で記載

大問2:記憶と想起に関する論文2011年A4で3枚程度の英文
問1 忘れました(簡単でした)
問2 この発見の以前まで想起のメカニズムはどう考えられていたか。100字以内。
問3 忘れました(簡単でした)
問4 記憶と想起の関連について医療にどう応用できるのか、800字以内

以上です。各大問の最後が小論文ですね。いずれの問も字数制限があり、金沢大学医学部とは違ってマス目がしっかり区切られています。受験生にとっては字数を数えやすくて嬉しいです^^

特に込み入った論文でもなく、シンプルで読みやすい。
大問1の論文趣旨はマウスとヒトはこんなに違うんだよ?数年前にマウス実験の薬の論文出たけど、これはヒトには応用できないよね。というもの。私は論文内容を一切引用せずに書き上げました。おそらく理系の受験生にとって一度は考えたことのあるものと思いますので容易だったと思います。

大問2は少し長い。しかも指定語句の近辺に内容が書かれている物ではなく、一通り読まないと上手く解答できない問ばかり。ただ、長いだけで文章自体は難しくなかったです。こちらも最後の小論文は英文を全く引用せず。記憶喪失と記憶障害からアルハイマー治療への応用まで幅広く記載。

試験時間150分の内、大問1を50分、大問2を70分、残りを見直しに使用しました。ちなみに下書き用紙も配られますが全く使っていません。というか時間的に下書きしている余裕はないと思います。

勉強法のところにも記載しましたが英語は100%を狙わない方がいいです。特に山口大学医学部編入では強く感じました。おそらく完璧に書こうとすると時間切れでゲームオーバー。7割くらいを狙って書いて、もし時間が余ったら修正する程度でいいと思います。私みたいな非○○LS、非帰国子女、非TOEICにはそうするしか勝ち目がないと思われます。

それと思ったのは、試験官が「終了!」と言った後も書き続ている人が数人いた事。直接怒っていたわけではありませんが学生退出後、その人の受験番号をメモしていました。それで落とすんですかね?

山口大学一次試験-自然科学-

山口大学医学部編入一次試験(自然科学)について記載します。前日に場所が張り出されるので前日入りした人は見ておいた方がよい。大体500人程度受験するので試験会場も4、5個に分かれてます。

さて自然科学は、例年通りマーク式50問。ただ、化学、物理、数学が大幅に増量。衛生は消滅。具体的に覚えているだけ記載します。

1 無機化学の問題、この物質の沈殿の色は?
2 Brを反応させたら分子量3倍に。この有機物はどれ?(分子式与えられている、ただし臭素の原子量なし)
3 100個の大腸菌が増殖して100万を超えるのは何時間後?20分で一回分裂。
4 3桁の数の各位の和が3の倍数の時、この数は何の倍数?十進法です。
5 ある二次式を頂点で反転させてx方向○、y方向△移動させた。移動後の式は?
6 ある二次式において、○7 簡単すぎて忘れた
8 池の周りをまわる問題。何時間後に追いつくか。
9 こんな問題。Cは何?(例はテキトーに作りました)
 5B7
+8BC
--------
ac05
10 円の接線の式はどれ?
11 ドップラー効果の問題。離れるとき近づくときの聞こえる振動数は?
12 ある質量の物質の赤道上での重力、遠心力を答える。計算は面倒くさい。自分は暗記していた。
13 モーメントの問題。一般的な剛体を糸で支える問題。張力は?
14 スリッドの式
15 摩擦のある斜面上の加速度を答える。
16~50まで生物学
順番不明
・血液検査において、サンプルを処理後の色から血液型を答える。写真が与えられている。
・遺伝病の問題連問2つ。
・ホルモン産生器官はどれ?
・外胚葉から生じる器官はどれ?
・果実の成熟を促すホルモンは?

残りは簡単すぎて覚えていない。おそらく生物は満点必須だったと思う。

生物35問(激易)、化学3問(普)、数学7問(難)、物理5問(激易)
数学は難しいというか対策をしていなかったので高校の記憶を手繰り寄せながら回答。レベルはセンター~私立二次くらいでしょうかね。物理は明らかに不適切な問題が1問。作ってて気づかないのか・・・試験終了後「出題ミス、全員得点付けます」と報告あり。化学の2問目なんかは臭素の原子量知らなきゃ解けないし、問題の意図が不明。単純暗記か?4問目はわざわざ十進法と書いてあって、引っかかる人が多かったようです。遺伝病の問題は、「生まれる子供で女子が発病する確率」のようにひっかけたい感ありあり。大森の遺伝子をやっていた自分にとっては楽勝だったがやってない人はおそらく意味不明だった。

おそらく自然科学での上位100位ラインは40点前半と思われます。私はたぶん満点でした。簡単な回に受験できたと思います。山口大学医学部は他の大学とは違う、大学に特化した対策をした方がよいと思う。他の大学の対策の延長で大丈夫だろうと思って受けると落ちます。
プロフィール

おっさん

Author:おっさん
底辺大学薬学部卒→某民間病院薬剤師→群馬大学医学部医学科。戦績は群馬大学、金沢大学最終合格、山口大学筆記通過・面接辞退。非帰国子女、非TOEIC経験、非KALS、大学での成績は中くらい。

医学部編入は情報戦と言われ、私は過去の合格者のブログを中心に情報を集めましたので、受験生の皆様の参考になるようなブログにしていきたいと思います^^

ご質問や課題作文サービスなどご利用の場合はメールフォームよりご一報ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
課題作文チェックサービス
課題作文のチェックサービスを行います^^               詳しくは左部「カテゴリ」から「課題作文サービス」をクリックし、記事をご覧ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。